平成20年4月より、40歳以上75歳未満の被保険者及び被扶養者を対象として、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防・解消を目的とした「特別健康診査(特定健診)」「特定保健指導」が導入されます。

 
従来までは疾患に対して「早期発見・早期治療」を目的としておりましたが、現在は疾患そのものを「予防」するという考え方に移行しております。特定健診・特定保健指導では、糖尿病合併症(人工透析・失明など)や脳血管疾患・心疾患などの重篤な疾患と密接に関係する動脈硬化を引き起こす、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目し、、生活習慣の改善などにより予防または解消を目的としています。


特定保健診査における当院の詳細情報


特定保健指導における当院の詳細情報